看護師が転職をするには、将来のことを考慮して迅速に行動することが重要です。
また、どんな点を重視するのかを決めておくのがオススメです。
将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めてください。
年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も挙げておきましょう。
産業看護師は健康に働けるように従業員に保健について指導したり、うつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのはほとんど不可能です。
興味のある方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。
看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども多数紹介されています。
看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活を送れなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由の一部と思われます。
ナースが仕事を変える時のステップとしては、はじめにどのような労働条件を求めているかをはっきりさせておきましょう。
ナイトナースはできない、休暇はしっかりとりたい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。
今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、条件のそぐわない勤務先で限界を待つ意味はありません。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても変わってきます。
体制は一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという病院が大半です。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方が人気があります。
子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。
特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが良いですよね。
子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もいますが、お金がなければ育児ができないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探すことを勧めます。
ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。
面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、ナースは人手不足といえど選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。
雇用の条件に恵まれているところは応募者数も多くなりますから、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして採用面接に向かうことが大切です。
場にふさわしい端正な装いで、元気にレスポンスすることを心がけてください。
ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。
たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、不利な条件で働いていた等々、負の動機であった場合、相手側の心証を悪くしてしまいます。
要因として現にあったとしても真意は胸の内だけでよいので、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。
修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚して子持ちの人は土日に休むことができたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいるものです。
病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
母なる地球を思わせるリファラル採用 ランキング